何かとかさむ手数料が無料なのは大きなメリット

dhsdf98fjsd FX取引は回数を多くこなすほどその為替手数料がかかることになりますが、そのコストが安いという面が大きな魅力でもあります。XMのブログでも評判がよく人気です。外貨預金、外貨建ての外債で例を挙げるとすると、例えば1米ドルにつき1円が為替手数料としてかかることになります。満期になり米ドルを円に戻す場合に対しても、もちろん為替手数料がかかることになりますから、円→米ドル、米ドル→円の往復で合計2円の為替手数料のコストになるわけです。

近年、各銀行の企業努力や市場の競争力で為替手数料が下がっている傾向もありますが、それでもFXと比べるとまだまだ高いと言わざるを得ません。FXの中には為替手数料が一切かからない=無料と謳っているところもある程です。FXの平均的な為替手数料は、だいたい往復で10銭程度が相場になっています。為替手数料の他にかかるコストとしてスプレッドがありますが、こちらを視野に入れてコスト計算をしても、やはりその安さにはかないません。

スプレッドとは外貨の売り買い時に生じるレートの差を意味していますが、米ドルと円の外貨ペアでは、これらのコストを合計しても12銭程度です。市場が小さな動きしか見せない場合でも、かかるコストが低ければ、取引回数を多く行うことが出来ます。小さくても利益が獲得できるのがFXの魅力であり、長期的な投資だけではなく短期的な投資にも向いていると言えるのです。

自由な取引と柔軟性が魅力のFX

変化に対応できる柔軟性と自由な取引ができるという点もFXならではの魅力です。外貨の買いはもちろん売りに出すこともできますから、円高になるか円安になるか、傾向を把握することができれば確実に利益を出すことができます。高いリターンを期待できるレバレッジの利用もFXの大きな特長です。レバレッジをかけない場合は外貨預金や外債とさほど変わりませんが、レバレッジは最大で25倍までかけることができます。もちろんその分のリスクも高くなりますがリターンも大きくなります。

ですから、自分にかかるリスクはあらかじめ念頭に入れておいた方が良いでしょう。また、自分の都合に合わせて時間を問わずに取引が可能なのも、多くのトレーダーたちを魅了している理由の一つです。外国為替市場が開かれている間であれば、どの時間帯でも取引ができ、自由に売買が可能です。ちなみに外国為替市場は24時間取引ですから、日本国内で日中のみならず、夜間でも取引ができるというわけです。

特にロンドン市場がオープンする16時以降や、ニューヨーク市場が開く21時以降は注目しておくべき時間帯です。取引が最も活発になる傾向にあるため、これらの時間帯のチャンスを逃さず投資のタイミングをうまく測ることができれば、利益獲得に繋がります。満期になるまで保有しなくてはならない外貨預金と比べると、FXの柔軟性と自由度の高さは大きな魅力です。