バイナリーオプションのリスクを減らすために権利放棄を活用しよう!

 昨年末から長く続く円高で、日本人トレーダーの間でも為替投資が活発になっています!

なかでも、素人でも簡単に参加できると評判なのがバイナリーオプション!みなさんのなかでも、すでに始めている、あるいは今とても興味を持っている、という方も多いのではありませんか?

そんな人たちのために、ぜひお伝えしておきたいことがあります。

これは、バイナリーオプションにかぎらず投資全般に言えることですが、基本的に利益を上げるための必勝法はただひとつ。

それは、できるだけ利益を大きく、損失を小さくする、ということ!

もちろん、投資の種類によってもそのやり方は変わってきますよね。たとえば、老後のために資産を運用するのであれば、ほとんどリスクのない代わりに、利益も小さな商品を選ぶ方が多いと思います。

一方で、あまった資産をより増やしてみたいと考える方なら、少しくらいのリスクを取ってもハイリターンの投資を狙う人も多いでしょう。

しかし、どちらにしても、できる範囲でリスクを小さくしていくということに変わりはありません!

では、バイナリーオプションでそれを実現するにはどうすればいいのでしょうか?

そのもっとも効果的な方法が、権利放棄なんです!

これは、株取引やFX取引でいうところの、損切りと同じようなものと考えてください。

バイナリーオプションといえば、とにかくルールがシンプルなのが特徴。選ぶのはレートが上がるか下がるかの二者択一ですし、選んでしまえば、あとはもう判定時刻まで何もする必要がありませんよね。

ところが、権利放棄というのはこのいったん予想したトレードを、途中でやめてしまうことができるという機能なんです!

基本的に、バイナリーオプションというのは勝てばペイアウト率に応じた払い戻しがあり、本来負ければ投資額はすべて没収されます。しかし、権利放棄すれば投資額のいくらかが戻ってくるので、もしこのままいけば確実に予想が外れそうだというときには、とても助かりますよね!

損失を少なくするだけではなく、逆にこのままいくとせっかく当たっている予想が外れそうだというときに、さっさと利益を確定してしまうこともできます。こちらは、FXや株でいう利食いと同じ方法ですね!

このように、権利放棄というのはバイナリーオプションをするうえでとても強力な武器となります。

ただし、残念ながらこのような機能がすべてのバイナリーオプション業者に備わっているわけではありません!たとえあったとしても、その使用条件も業者ごとにいろいろ変わってきます。

たとえば、とにかく判定時刻が来る前ならいつでも好きなタイミングで権利放棄ができる、という条件であればトレーダーにとっては言うことがありませんよね!でも、もちろんそんな業者はまずありません。

基本的には、ある一定の時間前までならトレードを中止できる、というところがほとんどです。だから、業者を選ぶときには、この一定時間がどれくらいなのかについてもよくチェックしておく必要がありますね!

権利放棄自体もできる業者はそれほど多くないので、バイナリーオプションを始めるときにはぜひその点によく注目してみてください!

9月20~21日には、いよいよアメリカでFOMCが開かれます。しかし、アメリカの雇用統計や小売売上高などの不調もあって、そこで利上げが決まる可能性はかなり低いと見られています。日銀の追加緩和も見送られる可能性が高いので、まだ年内はしばらく円高が続くと考えてよさそうです。みなさんも、このチャンスを逃さず狙ってみましょう!