万一の備えとして海外資産を備えておこう

sdfjkkfjsd 外貨投資の魅力とは何でしょうか。私は、“海外資産を持つことで資産のリスク分散ができること”だと考えています。バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記このサイトでも同じようなことを言っていたような記憶があります。あってほしくないことですが、日本の通貨や株式が無価値になる日が来るかもしれません。世界の経済は連動していますが、「ある日突然、日本だけが超インフレにみまわれる」そんなふうに、突如、日本の経済だけがマヒしてしまうという日が来ないとは断言できないのです。

そんなとき、日本の資産しか持っていなかったらどうなるでしょう。貯めていた日本円がただの紙切れに変わり、資産全てを失ってしまうかもしれないのです。

ですが、例え日本円がタダになったとしても、投資によって海外資産を備えていれば(日本資産の割合が100%でなければ)、資産全てを失うことは避けられます。むろん上記の話は極論ではありますが、絶対に起こらないとは言い切れないのではないでしょうか日本の経済状況を考えてみて下さい。

2013年の段階で、国の借金は1000兆円を越えています。しかも、その金額は今後さらに増加していくといわれているのです。その負担は、言うまでもなく、私たちの肩に押しかかってきます。

日本経済は、破たんの危機と常に隣合せているといっても過言ではない状態。何とかなるだろうと気を抜いているわけにはいかないと思いませんか?だからこそ、海外資産を持つことに意味があるのです。海外資産を保有し、リスクに備えておくべきでしょう。

単に利益目的としても、外貨投資は魅力的です。ですが、海外資産を持つことの最大の意味は、やはり“日本経済がダメになってしまったときへの備えとして保有しておくこと”にあると考えています。

「利益目的」はもちろんのこと「自国経済の破綻に備えたリスク回避」としての外貨投資こそ、今の日本人に欠かせない視点だといえるのではないでしょうか。

日本社会には、進む高齢化、世界における競争力の低下、人口減少など、不安材料が山積しています。だからこそ、今から資産のリスク分散として、海外に目を向け始めるべきなのです。資産の割合を日本の資産100%にしないこと。海外資産の割合を少し増やしておくこと。

そうしておけば、日本経済が万一破たんしたとしても、一緒に共倒れするのを防ぐことができるのです。海外の資産は、何も外国に行かなくても手に入ります。投資という形で、日本にいながら海外資産の運用が可能です。ぜひ、投資をするさいには、世界に目を向けてみて下さい。